金属アレルギーについて
金属アレルギーとは?
金属アレルギーとは、ピアスや指輪、ネックレスなどによる肌のかぶれやかゆみなどが、一番認識しやすい金属アレルギーの症状です。
他には手足のかぶれ・シミ・シワ・肌荒れ・老化・肩こり・ひざの痛み・頭痛・憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調・物忘れ・アトピーの症状・発ガンなどと様々な症状があります。
病態が多様で、口腔内と全身の両面の状態を知るために、歯科と内科、皮膚科が連携した多角的な検査が必要となります。
歯科治療と金属アレルギー
口の中は金属がイオン化しやすい環境にあります。口の中に異なった種類の金属が存在すると、唾液を介して微弱な電流が発生します。これをガルバニック電流またはガルバニー電流と言います。

この現象により金属イオンが流れ出したり、微弱な電流により頭痛や関節痛を増幅させたりします。口の中の金属やピアスやネックレスなど長期間にわたる金属イオンの体内蓄積により身体的リスクが増大します。
歯科治療で使われる補綴物の材料で金属アレルギーに対して安全とされているのは、セラミック(陶材)やハイブリッドレジンなどといった金属を含まないものや、金属ではインプラントなどに使われるチタンがあり、次に高カラット金合金や白金加金があります。
大阪大学歯学部・大学院歯学研究科
電話でのご予約
092-408-7878

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA