歯周病治療・予防

Periodontal disease

歯周病とは?

歯周病とは歯周病菌による歯の周りの組織の病気です。
歯を支える歯肉や骨を破壊して、最終的には歯が抜けていく病気です。

静かに進行していく病気なので、自覚症状が出た場合には歯周病が進行しています。
下の図は歯周病が進行していく様子を表したものです。

歯周病になった場合は下記のような症状がでます!

歯を磨いたら出血する。

歯がグラグラする。

口臭が気になる。

歯ぐきから膿が出る。

歯ぐきがやせて気になる。

歯が長くなった。

歯ぐきが痛い。

歯ぐきがかゆい。

朝起きた時に口の中が気持ち悪い。

歯ぐきに違和感がある。

唾液がねばねばする。

食べ物がかみづらくなる。

歯周病の原因は?

直接の原因は歯垢(しこう)です。歯垢は細菌の塊です。口の中は細菌がいっぱいです。歯磨きが正しく行われず、食べかすが残ると細菌はこれをエサに増殖し、プラークと呼ばれる細菌の塊をつくります。(下の写真が細菌です)

このプラークが歯ぐきや歯を支える組織などに炎症をあたえます。その他に、喫煙・糖尿病・高血圧・血液疾患 など全身疾患・妊娠の有無などが深く関係します。

歯周病と全身疾患

歯周病は、糖尿病、心臓や肺の病気、流産、早産といったさまざまなことに関連し、私たちの健康に深くかかわってきます。

歯周病とタバコの関係

喫煙は、歯周病の最大のリスク要因です。タバコを吸っていない人に比べて、歯周病の進行が10年早くなると言われています。タバコは血液の流れを悪くするため、歯周病の治療を受けても治りがよくありません。 できるだけ早く禁煙しましょう!!

歯周病の治療はどうするの?

歯垢や歯石が歯周病を引き起こす原因になっています。原因になっている歯垢や歯石を除去していきます。また家でのハミガキも大切ですので、ハミガキの指導なども行っていきます。治療が終わったら、ホームケア(ハミガキなど)とプロフェッショナルケア(PMTCなど)で歯周病を予防していきましょう!

お問い合わせご予約はこちら

ご予約はお電話にてお問い合わせください。

電話受付:月,火,木,金,土 8:30~18:30 休診 水曜日,日曜日

電話受付:月,火,木,金,土 8:30~18:30
休診 水曜日,日曜日